読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1k≒innocence

散文だったり、アニメ分析だったり。日常が切り取られていく姿は夏のよう。

【告知】Free!の影響でバンドを始めました ほかコミケ出展予定など

アニメ

前回の記事では自転車で事故りましたが、無事に回復しまして今に至ります。
その節はお見舞いしていただいた皆様ありがとうございました。

 ■近況

その後MONACAフェスに参加しました。チケットがとれたことを仄めかした瞬間アイカツ!を履修しないでこのフェスに参加することは許されない」と大きいお友達の皆様に囲まれまして、結局アイカツ!バンダイチャンネルで視聴して参加いたしました。

 

その結果大宮ソニックシティから出てくる頃にはすっかりWake Up, Girls!にハマってしまいまして、つい先日までに劇場版3本を含む全作品を視聴を終えております。(ここに時空のねじれがある)

 

この数ヶ月でMONACAの楽曲をハブにして複数のアイドルアニメにふれることができ、とても心身が充実しております。
その結果仙台でうんめぇにゃーしたり、アイカツ!二次創作に手を染めるなど着々と逃げられない立場に追い込まれています。

 

www.pixiv.net

 

さて日本の夏はオタクの夏とよく言ったものでして、いろいろ参加したり出演したりすることが決まっていますので、まとめてお知らせいたします。

 

Free!の影響でバンドを始めました

Free!が好きすぎるのでFree!の楽曲をもう自分たちで演奏することにしました!

 

tiget.net

8/7 大塚Hearts+にて、男だけで男性アニソンボーカルの楽曲のみで構成されたイベントに出演します。

特定の方々にはありがたいイベントらしいです。

f:id:sakasakaykhm:20160611113451j:plain

 練習風景です。

僕のFree!への感情は過去の記事を参考にしてください。

 

sakasakaykhm.hatenablog.com

 

 

sakasakaykhm.hatenablog.com

 

 

Free!への気持ちをどうしたらもっと世の中の人たちと共有できるのか?と考えた結果「そうだ、バンドやろう」と思い立ちまして、あれよあれよとこのイベントが出来上がることとなりました。すっかり自分がバンドマンであることを忘れていたのです。

 

持ち時間は45分ありますので、あんな曲こんな曲いろいろ詰め込んでお待ちしております。


きっとFree!オンリーバンドは日本初ですし、おそらく今後も出てこないと思いますので、是非お友達と推しのペンライトを持って、8/7は大塚Hearts+までお越しください。
今回限りの出演の予定です。

 

予約はサイトか直接私まで連絡ください。

予約人数が多いことが何よりのモチベーションになります。
見たことのない景色、一緒に見に行きましょう!

 

コミケ初参加します(3日目東S48a)
アイドルマスターミリオンライブ!の薄い読み本が出ます。(タイトル未定)
サークル名「板長のプリン」を是非よしなに。

 表紙の線画をアップしていただいてます。

f:id:sakasakaykhm:20160628000410j:plain

執筆 @sakasakaykhm @a_sh
イラスト@ranshin00
レイアウト@warashi_kaiser

僕は高山紗代子と真壁瑞希がとある夏の日に出会っちゃう物語を書く予定です。
相方は百瀬莉緒を中心とした作品をうんうん唸りながら書いている最中です。

サンプルはもう少し近くなったらpixivノベルにアップいたします。
3日目東S48a「板長のプリン」を是非宜しくお願いいたします。

【追記】サンプルができました!

www.pixiv.net


■ファッション無職になります
転職に伴って有給消化のため8月は全休です。
実家に帰ったり海外に逃亡予定です。
9月からまた労働しますので、頭のおかしいツイートが増えてきたらあっこいつ転職先選び失敗したんだな…と憐憫の情をお恵みください。


それではライブとコミケ、どちらも是非ともよろしくお願いいたします。
予約等は@sakasakaykhmまでご連絡ください。

【報告とお知らせ】自転車で頭から転倒しましたが生きてます

アニメ 暮らし 自転車

自転車で盛大にズッコけました。道路鋲(交差点とかでピカピカ光ってるやつ)にひっかかったみたいです。

↓道路鋲ってこういうやつです。

http://www.city.okazaki.lg.jp/1100/1113/1179/p001743_d/img/001.jpg

最近の道路鋲は完全にフラットな埋込型のタイプが主流ですが、旧式のかなりでっぱってるヤツにやられました…。

 

人間ってそれなりのスピードでこけるとマジで起き上がれないですね。なんというか痛みというよりこけたショック自体で起き上がる気力がしばらく湧かなかったです。

 

全然知らない土地で手足すりむくわ腰打撲して腫れるわチェーンは外れるわで散々だったのですが、近くに住む見知らぬおばあちゃんとその娘さんがいろいろ手伝ってくれて、なんとか自力で帰還できました。

(第一発見者のおじいちゃんが別にいたのですが「オオィ大丈夫かァ!?気をつけろオオィ!!」って叫びながらそのまま自分の自転車で去って行きました。世の中の無常を感じた。)

 

その直後の様子です。

 

割れたのに気づいたのは少ししてから。

ヘルメット効果は本当に絶大で、ぶつけた衝撃すらほとんど感じませんでした。

 

裏から見るとこんな感じ。

ちょっとわかりづらいですが、こめかみ部分が完全に割れてます。

f:id:sakasakaykhm:20160424000356j:plain

 

ヘルメットの材料はすごい圧縮した発泡スチロールなので、めちゃくちゃ軽いけど硬いです。木材くらいの硬さは有ります。それがこんな状態になるくらいの衝撃だったようです。

ちなみに割れてないとこんな感じ。

f:id:sakasakaykhm:20160424000412j:plain

ちゃんと一枚の部品になってますね。

そしてぶつけた外側はこんな感じ。

f:id:sakasakaykhm:20160424000103j:plain

ポツポツ細かい傷がついてますが。全部アスファルトで擦ったキズです。発泡スチロールの部分もベコベコです。

これ直接頭に受けてたら…と思うと身が震えました。

 

iPhoneで録っていたログを見ると、こけた時のスピードは20km/hくらい。

車なら徐行レベルのスピードですが、自転車だとここまでのリスクを孕みます。

ちなみにログの記録に使ってるアプリはこれです。(ダイレクトマーケティング)

Runtastic Road Bike PRO ロードバイク記録用サイコンアプリ

Runtastic Road Bike PRO ロードバイク記録用サイコンアプリ

  • runtastic
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥600

 

僕は中学の時も自転車で派手にこけてまして(通行止めに置いてあっためっちゃ細いトラロープにひっかかった)、頭直撃で脳震盪起こして気絶して即救急車、ということがありました。

その時の事もあってヘルメットを使うようにしていたのですが、今回は当時より間違いなくスピード出てましたし、ノーヘルだったら今このブログを書けてなかったもしれません…。

ちなみにこの後自転車保険に入ってたことを思い出して窓口に電話したのですが、事故受付してくれただけで特になんのお役立ち情報も得られませんでした。自損なので当然ですが…。

 

ここ1年位よく自転車に乗るのですが、都内、特に渋谷とか世田谷あたりですごい良さそうな自転車(=見た目がいいやつ)乗ってる人に限って、装備が完全にただの私服という人をよく見かけます。

通勤なんかだと、ヘルメットはしまう場所にも困るとか髪型は崩れるとかで気が引ける、という人が多いと思うのですが、その先に待ち受ける危険に巻き込まれれば入院Not通勤です(流行りなので韻を踏んでみました)

 

ヘルメットひとつ数千円から自分の命を守れるので、毎日乗るような人は本当に買った方がいいです。10万とか20万の自転車買うくらいなら一緒にこれくらいの出費余裕ですよね?

とりあえず下にAmazonアフィ貼りますけど、ヨドバシとかあさひとかどこでもいいんで実物試してひとつ買ってください。そして死なないように運転してください。

 

OGK KABUTO(オージーケーカブト) FIGO[フィーゴ] M/L ブラック

OGK KABUTO(オージーケーカブト) FIGO[フィーゴ] M/L ブラック

 

 

あとなんだかんだで転倒したショックで結構気が滅入っているので、ウィッシュリストからお見舞いしてくれるととても喜びます。

こけた時にパーカーとタイツもダメにしてしまったので…。

www.amazon.co.jp

全然自転車と関係ないものもたくさん入ってますけど、なんでも喜びます。

 

事故後約束していた『劇場版 響け!ユーフォニアム』を鑑賞してきたのですが、これもヘルメットしてなかったら絶対観れてなかったよな~と思うと夏紀先輩の横顔がさらに美しく見えました。

 

sakasakaykhm.hatenablog.com

 

 

安全は自分で獲得しましょう。

現場からは以上です。

『甲鉄城のカバネリ』 『はいふり』…「○○っぽい」で勝ちを狙うアニメたち

アニメに限らず音楽でも漫画でもポピュラーな文化創作に対し、既存作品を以て「○○っぽい」と評されることは、これまで忌避されるべき事項だった。(創作の過程では実際にはそうでないこともあるが)


このワードは特には多くのクリエイター達を苦しめ、またそう言われないようにとオリジナリティについて自問自答することが、創作活動において重きを置かれてきたのは言うまでもない。

 

2016年4-6月期、オリジナル作品として『甲鉄城のカバネリ』、はいふりこと『ハイスクール・フリート』が放送を開始した。

f:id:sakasakaykhm:20160412233143j:plain

f:id:sakasakaykhm:20160412233148j:plain


放送するやいなや、それぞれの評価としてインターネットでは『進撃っぽい』『ガルパンっぽい』という言葉がどんどん生産されることになった。*1
これは結果としてニュース記事にもなる状況にある。

natalie.mu

getnews.jp

簡単に説明すると『カバネリ』は「カバネというゾンビのような存在の脅威から世界を閉じた人類と、カバネに対抗すべく独自のアプローチを研究する主人公」の物語であり、『はいふり』は「女子高生が運営する艦隊と洋上保安学校の物語」だ。*2

f:id:sakasakaykhm:20160412233111j:plain

いずれの物語も前述した作品と設定が類似し、また主要なスタッフ構成も重複している。

 

『カバネリ』では監督・副監督・音楽・メインキャストが『進撃』のそれと、『はいふり』は原案・シリーズ構成が『ガルパン』と同じ面々となっている。
また『はいふり』は音楽制作面から見ればシリーズ構成と含めて『けいおん!』の要素を読み取ることもできる。

f:id:sakasakaykhm:20160412233411j:plain

新規作品の企画でリファレンスする作品があるのは当然のことである。
しかし『アイドルマスターシンデレラガールズ』が先発の『アイドルマスター』との差別化を模索したように、本来であればリファレンス作品との差分を求めるのが、これまでの自然な流れだった。
しかも『進撃の巨人』も『ガルパン』も今現在も新規作品を予定している「生きている」作品だ。

 

しかし今回取り上げた両作品とも、1話放送から既にリファレンス作品の存在を指摘されることを期待せんとばかりの構成となっていた。
純粋な作品作りという点からすれば1話から「○○っぽい」と言われることは、本来ならばネガティブな事象のはずである。

 

しかし商業的観点から見ればこれがプラスとなりうる状況に、現代はなりつつある。


アニメが毎クール数十作品が放送される状況になり「一話切り」という言葉が生まれるほど視聴者側すら作品視聴に疲弊しつつある現状で、人気作を以て「○○っぽい」と評されることは、最も端的でフックのある宣伝になるからだ。

 

そしてなにより、両作品とも1話時点で非常に面白かった。

リアルタイム視聴勢が「○○っぽい」と評した後、関心を持った後追いの視聴者が公式配信などから1話を見直せば十二分に視聴者を拡大できるだけの出来になっている。

 

結局のところどんな作品だって「面白くて売れる」に越したことはない。

 

人気作という「勝ち」を取りに行くための企画が、創作に於いて重視されてきたオリジナリティを求めるという矜持を完全に超えた作品が、今クールに2作品も同時に現れた。


「商業コンテンツ」のパラダイムシフトが、大きく始まろうとしている。

 

*1:『結城友奈は勇者である』への『まどマギっぽい』もそれにあたる。

*2:ガルパン』との大きな違いとして「キャラクターがケガをする」がある。

キンプリこと『KING OF PRISM』の魅力をかなり真面目に解説するよ!

アニメ キンプリ

f:id:sakasakaykhm:20160311001643j:plain

 

裏切りは物語を豊かにする。


信じた友達が使徒だった、

魔法少女の敵は元魔法少女だった、

パンツではなくズボンだった…。


さらに言うならば古今東西の逸話にも裏切りは多数存在し、そのどれもが並のサクセスストーリーよりも強く印象に残る。

 

キンプリこと『KING OF PRISM』を鑑賞したのですが、本作の鮮やかすぎる裏切りのプリズムに、身も心も再構成されてしまいました。
もうキンプリ鑑賞前の僕はこの世にいません。

キンプリで人は生まれ変わるのです。

 

鑑賞前は理解不能だったキンプリの感想が、今ではラピュタ王のごとく「読める、読めるぞ…!」と自分の理解の範疇に落ちてくるようになるのですが、この万能感たるや…。


先日見かけた感想ブログではこの記事が特に秀逸でした。(鑑賞した人間にはなんのことかすべてわかる)

stohspaceg.hatenablog.jp

とはいえ、現在インターネットには「キンプリってよく名前見るけど、みんな感想が意味不明で結局なんなのかよくわからない」という方が多いのではないでしょうか。

キンプリとは?

プリティーリズム』スピンオフ作品であるキンプリですが、あらすじとしては
「プリズムショーというパフォーマンスを鑑賞して感動した一条シンくんが、自分もプリズムショーに出演してたくさんの人を笑顔にする」
です。
非常にシンプル、かつアイドルアニメとしては王道も王道の設定です。
そんな王道アニメの、いったい何がこれほどまでに世の中に混乱をもたらしているのか。
それは観客への裏切りのメソッドに理由があります。

裏切りとは?-キンプリ以前の裏切り(Before Kinpri)

f:id:sakasakaykhm:20160311002340j:plain

物語上で出てくる「裏切り」にはふたつの効果があります。

  • 物語の世界で、キャラクターA(あるいは複数のキャラクター群)が信じていた設定Bが、実際は設定Not B(あるいはB')であったことが示される。

→これにより、設定Bを前提として行動していたキャラクター群は機能不全に陥ります。
その後これらのキャラクター群は機能不全を克服するか、機能不全のまま物語から脱落、あるいは立場を変えて再登場します。

  • 上記裏切りを観測した視聴者が、キャラクター群同様に信用していた設定Bを放棄せざるを得なくなる。

→視聴者は大きなストレスを受けるが、このストレスが面白さとして受容される。

 

魔法少女まどか☆マギカ』を例に検討してみます。

  1. 少し不気味ながらほのぼのとした魔法少女作品の様相で作品が展開する。
  2. 魔女たちに襲われるが、先輩である巴マミが活躍する。鹿目まどか美樹さやか巴マミを信頼する。
  3. 三話で突然巴マミが惨死する。(戦隊シリーズなどでもメインのヒーローらが物語から脱落しないのと同様、カラーリングされたメインキャラクターが死ぬことは通常予想されない事項)
  4. 魔法少女に憧れていた鹿目まどか美樹さやかは大きく絶望し、視聴者も同時にまどマギが一般的な魔法少女作品でない事実に直面する。

脚本が虚淵玄だから一筋縄ではいかないだろう、と放送前から推測していた人もある程度いたようですが、多くの視聴者はこうした裏切りを受けたことと思います。


視聴者は少なからず「こう来たから、次はこう来るだろう」という予想展開を行いながら物語を読んでいます。
まどマギで言えば魔法少女モノということで、「話数を追うごとに仲間が増えていって、最後には全員で悪を討ったりするのかな」という思い込みを無意識に持っていた人であれば、なおさらショックを受けたことと思います。

以前書いたマグリットの記事でも記述しましたが、シュルレアリズムの世界でも裏切りは重要な表現方法のひとつになっています。

 

sakasakaykhm.hatenablog.com

 

しかしこの手法には危険もあります。

  • ネタバレされると視聴の楽しみがなくなる。
  • 合理性のない裏切りの場合、荒唐無稽という評価を受ける。

いわゆる「な、なんだってー(棒読み)」ってやつで、要はスベった、ってことです。

このインターネットの世界ですから、スベった作品という評価が下ってしまえば、未視聴の人にすら「ああ、あれってスベった作品でしょ?」と揶揄されかねません。

そこでキンプリはこうしました。
「物語上でのキャラクターの裏切りは描かないで、鑑賞者だけ裏切ろう」

と。

キンプリ以後の裏切り(Anno Kinpri)

f:id:sakasakaykhm:20160311002527j:plain


前述した通りキンプリは「プリズムショーに感激した一条シンがプリズムショーに出演するまで」の物語です。
そう聞いてどんな映像やストーリーを想像するでしょうか?


キラキラ輝くステージ…

長尺での素晴らしいパフォーマンス…

オフショットでのアイドルたちの私生活…


「アイドルアニメならこういう話だろう」というイメージが誰にもあるはずです。

言うならばキンプリはこの具体的なイメージの部分を裏切ることに徹した作品なのです。

 

以下がその具体例です。

予告動画ではイメージの裏切りにあたるシーンを完全に排除しているのですが、応援上映の映像にわずかにそれを確認できるシーンがあります。

f:id:sakasakaykhm:20160310002518j:plain

画面左がスクリーンです。

とあるキャラクターが自転車(しかもママチャリ)に乗っています。
これはプリズムショーのワンシーンです。

つまりこの土手はステージ上の映像です。

(ステージ上から感じ取れる映像、と言うべきかも)

 

このシーンの直前ではこういう普通のステージなのですが

f:id:sakasakaykhm:20160310003338j:plain


ショーが進む途中で突然、出演者が土手で女の子とママチャリを2ケツして走り出します。
その他にも突然天蓋付きのベッドが現れ、キャラクターが穏やかに横たわったまま観客に微笑むシーンなども登場します。(エモい)

 

こういったシーンを通して、一条シンはプリズムショーに感激する。

つまり今まで並の人間が体験したことのない感動のメソッドが、キンプリには詰まっているのです

これがキンプリです。

 

f:id:sakasakaykhm:20160311001210j:plain

「プリズムショーは、好きかい?」

f:id:sakasakaykhm:20160311001454j:plain

キンプリでの裏切りとは「観客が想定する物語プロセスへの裏切り」でした。
「素晴らしいショーを見て感動した!」という大筋はそのままに、そこに至る過程を普通では思いもよらない形で表現することで、キンプリは唯一無二の存在となっているのです
だから断片的な情報だけ見ても理解できないし、全編を通して鑑賞してやっと理解できるのです。

 

最初の5分は「なんてツッコミどころの多い作品なんだ!」という気持ちでいっぱいになりますが、10分過ぎた頃から「なるほどこれは我々一般の人間がすごしてきた地球の物語ではなく、キンプリという世界の道理なのだな」と理解できるようになります。


こうなとなったら、応援上映への準備は完了です。
シックスパックを鍛えてセロリと黄色いバラを振り回してプリズムショー大好き!と心から叫びましょう。

 

みなさんは覚えていますか!

初めてプリズムショーに出会った時のことを!

 

プリズムショーを初めて見た時の想いは、きっとあなただけのものです。

 

 

恋したいならBL知らない男でも『同級生』を観よう

アニメ 同級生

先日『同級生』を鑑賞してきました。

f:id:sakasakaykhm:20160304221255j:plain

去年たくさんアニメ映画を見に行ったのですが、その度に『同級生』のCMが流れるんですよね。
ガルパン見に行って九分九厘野郎で埋まる劇場に「だって俺 お前のこと好きになっちゃったみたいなかんじなんだもん!」と響き渡る神谷浩史の声はなかなかに強烈でした。
そうやってCM見てるうちに関心が出てきたので見に行きました。
 
今までの人生で積極的に摂取したBL作品は『海辺のエトランゼ』だけだったのですが、ほぼまっさら気持ちでこの作品にふれられたのはある種の天啓でした。
 
本作はつとめて「恋愛作品」であり、むしろBLであることそのものはさほど主題に語られません。
バンドマンらしい風貌で女子のファンも多い草壁光と、人生の転記を逸してきてしまった天才、佐条利人の純愛物語でした。
 
で、いちいちこのふたりがかわいいんですよ。
 
「俺のことどー思ってんの?」とか、
「あ、やべ、ちゅーしたい」とか、
「人がいるからダメだ」「いなかったらいいの?」とか、
知らない女の子と仲良くしてるの見て勝手に絶望して着信拒否したりとか。
「別に男同士じゃなかったとしても、高校生ってこんな感じの恋愛だよな!!ウンウン!!」と頷いてしまうわけです。
 
どうしたらいいかわかんないけど、相手のことを思ってつい足が向いてしまう。
相手が手を差し伸べてくれるのを期待してしまう。
 
これを恋と言わずしてなんと言いましょうか。
 
そんな「ふたりの人間が恋すると、こうなるよね」という自然すぎる事実が澱みなく流れるように、そしてとても鮮やかに描かれている作品です。
 
終劇すると「お前ら~~~~頼むから幸せになってくれ~~~と声に出ます。
ただそれくらいふたりの想いが純真すぎるので、若干疲れた人生観を持ちあわせたアラサーにはかなりの劇薬でもありました。(しばらく言語がうまく構成できなくなるくらい強かった)
 
なので今めっちゃ恋したい感情に満たされてます。
 
それくらい世界がきれいに見えるようになるので、なんか最近自分の人生くすんでるな…という人はぜひ『同級生』を見て鮮やかな命を吹きこまれにいきましょう。
 
もう春ですからね。
 
 
・その他
 
・作画に本田雄錦織敦史、監督中村章子、キャラデザ林明美ガイナックスがルーツの面々がたくさん参加。日常風景を鋭く切り取るレイアウトやコミカルな崩し方にその端緒を見ることができます。
ヱヴァ新作の制作は全く進んでいないという証左ともとれます。
 
・主題歌が押尾コータロー with Yuuki Ozaki (from Galileo Galilei)ですが、編曲がGalileo Galileiなので実質Galileo Galilei with 押尾コータローになっています。
ファンは絶対聴いてください。

 

同級生

同級生

 

遊助の「ミツバチ」でブンシャカしてたらインドに詳しくなってた話

突然ですが遊助の「ミツバチ」がマイブームです。

f:id:sakasakaykhm:20160217222148j:plain

(これはひまわりです)

そう、「ブンシャカ」でインターネットが騒然となったあの曲です。もうあれから6年が経とうとしています。

特に思い入れはないのですが唐突にブームが来てしまいました。

www.youtube.com



今聞いてもやはりブンシャカしてますね


当時Amazonのレビューでカラスよけになるとかスピッツのアルバム(ハチミツ)最高!(最早タイトルすら合ってない)とか荒れに荒れたわけですが、今こうして突然のマイブームが来たことに謎の運命を感じてしまったため、今回いろいろ調べてみることにしました。

すると思った以上に面白いことがわかってきました。


・なぜ「ミツバチ」という曲でブン"シャカ"なのか?

「ブン(ブーム)」つまりboomという単語には虫、特にハチの羽音という意味があります。

蚊などは違って重低音で力強い羽音は、まさにブーンという言葉がぴったりです。

タイトルのミツバチともちゃんとつながっています。


また音楽的な面から言っても「ブーン・ブーム・boom」は広く使われている単語です。

国内のグループ名だけでも
BOOMBOOM SATTELITES
THE BOOM
KANA-BOONなどなど…

つまり「ブン(ブーム)」という単語は音楽的に非常にありふれたフレーズであります。

ではなぜブンに対して「シャカ」という単語をくっつけたのか?


例えば「シェキ(shake it)」でもよかったはず。

そっちの方がレゲエ的な感覚がない人でも馴染みがありそうです。

実は「ブンシャカ」は「ミツバチ」がリリースされる17年も前に世の中に存在する表現でした。

Apache IndianのBoom Shack-A-Lakという曲です。

www.youtube.com


ブンシャカしてます。タイトルかしてブンシャカです。

93年で既にこれだけブンシャカしてます。

また2006年にはメジャーに上がって間もない湘南乃風のメンバーが、この曲をリスペクトした「Boom釈迦楽」という曲をリリースしています。

このApache Indianはインド系イギリス人で、インド系文化を取り入れたこの曲で93年にイギリスで大ヒットします。
しまいにBoom Shack-A-Lakはボリウッド作品で主題歌になるという逆輸入ポロロッカ現象まで発生したほどで、ブンシャカは90年台前半で既に世界的に大ヒットしていたのです。

2010年にやっとブンシャカに触れた日本が、いかに文化後進国であるかを反省しなければなりません。

 

 このように我々がブンシャカwwwwwブンシャカwwwと草を生やしたフレーズには、れっきとした音楽的ルーツがありました。


・音楽的にもインドのルーツ―「ソカ」の起源

「ミツバチ」はソカという音楽をベースになっています。

ソカはトリニダード・トバゴの音楽で、2/4拍子を基本としたダンスミュージックです。

www.youtube.com


トリニダードトバゴカリブ海中南米地域の国ですが、かつての労働者政策としてインド人が大量に移住したためインドの文化が根付いています。
そう、前述したApache Indian同様に、ソカという音楽スタイルにもインドの影響があったわけです。

93年のイギリスでのヒット曲と、中南米のダンスミュージック。

「ミツバチ」のルーツとなった音楽がいずれもインド文化がベースとなっているのは偶然ではないでしょう。

またタオルを振り回すパフォーマンスはマニ車を彷彿とさせますし、大乗仏教的なアプローチが感じられます。

・世紀と国を超えて日本に現れたブンシャカ

この通り「ミツバチ」は遙か遠方の土地で花開いたアーティストも文化がブンシャカのルーツになっていました。

 

「ミツバチ」もまた遥か彼方の土地で花開いたインド文化のひとつとして捉えると、大概のことが許容できるようになってきますね!!!

 

(私は正常です)

 

 

JUST LIKE HONEY-「ハチミツ」20th Anniversary Tribute-

JUST LIKE HONEY-「ハチミツ」20th Anniversary Tribute-

 

 

きっと何も特別なことはなかった。-Galileo Galileiの"終了"によせて-

 

natalie.mu

 

今この僅かに書き出しを入力するのに非常に精神的な労力を要しており、存外自分がGalileo Galilei(以下gg)を気に入っていたことを改めて確信しています。

 

正直いつかこういう時が来る気はしてたけど、ここ数年どんどんサウンドが良くなっていってて、今週には新作アルバムとツアーを控えたこのタイミングで宣言されると思ってはいなかった。

 

ggを始めて認識したのはauのCMでした。桜吹雪の舞う教室で演奏する彼らはまだ10代で、その時にしか生み出せない、突き抜ける爽快感が間違いなくそこにありました。

www.youtube.com

 

あの花」とのタイアップ曲『青い栞』によって彼らは一気に認知度を上げますが、そこから彼らの試行錯誤があったことは音源からありありと読み取れます。

 

メンバーの脱退を経て尾崎兄弟とベース佐孝の3人体制となってリリースされたミニアルバム『Baby, It's Cold Outside』を皮切りにして、彼らはそれまでのシングルコイルのトーンを活かしたギターロックから、一気にローファイなシューゲイザーサウンドに傾倒していきます。

www.youtube.com

BPM160以上、四つ打ち、Aメロ早口…ここ数年のバンドサウンドのトレンド。

そのどれにも逆行したサウンドは、POP ETCというパートナーを得てさらに力を増しました。

 

制作現場を地元の北海道から動かさなかったことが、ggのチルポップ的な側面をより強化していたことは間違いなくて、彼らの描く風景は日本的なノスタルジアのさらに向こう側にある、人間の最果てみたいなところを描いていました。

それは日本ならきっと北海道でしか得られない色とか風とか風景とか気温とか日差しとか、そういうものの賜物だと思う。

 

www.youtube.com

2014年にリリースされた『See More Glass』は今でも毎日のように聴いてます。

M-1サニーデイハッピーエンド』、そして続くM-2『Mrs. summer』はある種の夏を描いた作品のひとつの到達点だと思う。

さまざまな曲で描かれる"君"はどれもかわいらしさを帯びているのに、"僕"はどうにもなかなか目を向けることもままならないほど眩しくて、変に達観してないのに妙な懐かしさとリアリズムが混ざった物語はどれも瑞々しさに満ちています。

 

www.youtube.com

 

そして最新アルバムのリード曲としてMV公開された『ウェンズデイ』。

ここでggは死も生も限りなくシームレスに等価であることを示してしまいました。

 

仄かな温かみのあるイントロを裏切る歌い出しのフレーズは「どうでもいい葬式で」。

 

あとは曲と映像を見れば分かるとおり、自分の生(=性)のために、遠回しに誰かの死を望んでしまう"僕"の存在を、ggはまるで誰にでも起こりうる日常のように淡々と描いています。

 

だから今回の"終了"も、ある意味当然の帰結なのかもしれない。

必要だから、そういう時が来たから、終える。

例えそれが生命みたいな自分たちの居場所であったとしても。

 

振り返ってみると、Galileo Galileiというバンドは僕たちにとって、子供の時に大切に乗っていた“おもちゃの車”のようなものだったのかもしれません。


けれど“おもちゃの車”では、庭の芝生から先へとは進めなかったのです。
僕たちはその先にある、どこまでも続く険しいコンクリートの道路を走ってみたくなってしまったのです。


そして大人になった今、この愛する“おもちゃの車”から降りることを決心しました。

(Galileo Galilei コメント)

http://natalie.mu/music/news/173583

 

大人になるために、置いていくものは置いていく。

ただそれだけのことなんだと思います。

こんなきれいな生と死を生み出したggを、春が来るまできっちり見守っていきたいと思います。

 

僕が僕で いられたら

どれだけいいだろうかなんて

嘆くだけの 止まった時間を 抜けだそう

(ハマナスの花/Galileo Galieli)

 

Sea and The Darkness(初回生産限定盤)(DVD付)

Sea and The Darkness(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

 

Sea and The Darkness II (Totally Black)

Sea and The Darkness II (Totally Black)