1k≒innocence

散文だったり、アニメ分析だったり。日常が切り取られていく姿は夏のよう。

ATMで現金とり忘れるUX得たから書いておく

お金忘れました。

いやしかしよくATMのアナウンスで「お取り忘れにご注意ください」って流れるじゃないですか。

お金とりにきてるのになんで忘れるんだよwwwwwとかね、内心思ってましたけどね。

忘れました。

アナウンスさん、大変申し訳ございませんでした。

 

出社前にいつもコンビニ寄るんですけど、そうだ財布の中身が423円とインド料理屋のマンゴーラッシー券しか入ってないと思ってATM(Automated Teller Machine)寄ったんです。

僕はメインバンクプラスという普通にUFJ使ってればATM手数料なしというアレがアレしてますので、降りた駅前で銀行内のATMに寄り、無事に当面の生活費1万円をおろしました(残念なことに、本当におろしただけだった)

 

その後通いに通ったファミリーマートで、ポイント優遇のついたゴールドランクのTSUTAYAカードとともに会計をしようとした瞬間でした。

 

諭吉さんが、あるべき場所に居ない。

 

マジでマンゴーラッシー券しか入ってなくて会計ができない。

インド映画だったからここから踊りだすか、ジャッキー・チェンの映画ならコワモテの店員に肩掴まれるという展開ですがここは日本。

出勤時というコンビニが最高に混雑する時間帯の会計列を乱すことが、日本のコンビニでどれだけの重罪行為であるかは筆舌に尽くしがたい。

 

この人生最大の危機に対し、私は心の中で青いタヌキ型の悪魔に心を売り「ジェーシービーカードー」をとっさに差し出すことで事なきを得た。ちなみにこのカードにはなんの特典もついていない。純正のカードが一番弱いってカード業界どうなってんの。

今日の買い物はマスクとおにぎり☓2と紙パックのお茶、ふ菓子☓2で943円だった。

ふ菓子めっちゃうまいのでオススメです。あとボーロ。

 

レジを外れたものの意外と気が動転していたらしく、何故かここでコンビニのATMで残高確認→「うわやっぱり1万円減ってる」→さらに1万円おろすという奇特な行為をしてしまう。さっきの手数料無料とはなんだったのか。

 

「頼む、ここは日本だ。残っててくれ、一万円」

出勤の長蛇の列を逆走し銀行のATMへ戻る。確か1分以上操作がないと戻るとか、なんかそういうことも聞いたことある気がするけど紙ペラ一枚引き抜くのに3秒もいらないだろう。

 

使用したATMに着くと目の前には「使用中止」の立て札。

やった、きっと何かしらの方法で僕の1万円は護られているようだ。ありがとう赤メガバンク。あとビジネス街の銀行だったから無事だったという気もする。

 

ただ、

これどうやって返してもらえるの。※しかも出勤10分前

めっちゃ手続き面倒なやつでは…

 

備え付けの左手側の受話器をとる。

「お手数ですが右側の受話器を…」

なんで受話器二個あるの。むしろこの受話器なんなの。

右側の受話器をとるとアナウンスではなくオペレーターとつながった。

 

結論から言うと、カードもう一回入れて暗証番号入れたらすんなり出してもらえた。

どうやらリモートでロックしていたのを解除するために、もとのカードと暗証番号「だけ」で開けてもらえるらしい。

めっちゃ合理的だし話が早い。

 

そういうわけで無事出勤できました…

 

いや本当「そんなねーよwww」ていうことがアナウンスにならないわけないんですよね。電車の戸袋に気をつけて、とか、エスカレーターにサンダル巻き込まれないように、とか、本当にどこかで自分にも起こるかもしれないんですよね。

そういう気付きみたいなものをなんか得た気がします。

 

ちなみにこの記事を書く間『花咲くいろは劇場版 HOME SWEET HOME』を視聴しておりましたが、CANAANから見始めたPA作品の中で一番好きかもしれません。

バンダイチャンネルで見放題なので是非見ましょう。60分です。

 

私も輝きたいんです、あの夏が近い…(特に予定はありません

広告を非表示にする