1k≒innocence

散文だったり、アニメ分析だったり。日常が切り取られていく姿は夏のよう。

「ただの人」へと成るための物語 -『Free!』七瀬遙へ捧ぐ-


遥か スピッツ LIVE - YouTube

 

"すぐに飛べそうな気がした背中 夢から醒めない翼"(Ref.『遥か』スピッツ)

 

 

遙か

遙か

 

 

f:id:sakasakaykhm:20140925224041j:plain

 

七瀬遙さん

 

生来、君は神だった。

泳ぎたいから泳いでいるだけなのに、周囲がもてはやしてきた。

君の意志はそれだけだったのに、皆がその能力を崇めた。

そんなのは、君にはどうでもよかったみたいだが。

 

今まではそれでよかったみたいだ。

天才であることを、君はまだ許される年齢だったから。

「10で神童、15で天才、20歳過ぎればただの人……。ただの人まであと3年ちょっと……」(Ref.『Free!』第一話)

 

でも、時間だけがそれを許さなかった。

次第に「人になれ」と、誰でもなく、しかし何もかもが、確実に君たちに「それ」を強要していく。

 

「それ」を許容できる者もいるが、君はうまくできなかったようだ。

君はもともと天才だ。

本来人はまず人になって、それから一部の人が天才になるってもんだ。

君は皆が羨む能力をあらかじめ持っていて、どうやったらその能力を手に入れられるのかなんて、悩む必要もなかった。

あまりにも泳ぎがうまくて、もがき方を知らなかったなんて!

なんという皮肉!

 

それを自覚した時、君はどれだけ自分が嫌になったことだろうか。

残念ながら我々は生来の天才にあらず、心中察するのは想像でしかできない。

 

だからこそ、松岡凛が君には必要だったんだろう。

彼だけが、本来多くの人が通るである過程を踏んできて、最も君に近い存在になりつつあったから。

ただの人であり続け、遠い地でもがき続けた彼は天才へと限りなく近づいていた。

そんな彼が辿ってきた過程をオーストラリアで追体験して、君は「人になるのも悪くないな」って、そう思ったんじゃないだろうか。

だから改めて皆に感謝して、謝って、これからの自分と皆を見つめなおせたんだろう。

その結果、どうだった?

 

 

f:id:sakasakaykhm:20140925212814j:plain

やっと泣けたね。

やっと笑ったね。

 

ただの人になれて、迎える春はどんな色だったろう。

 


Mr.Children I'll be - YouTube

 

"人生はフリースタイル 孤独でも忍耐 笑いたがる人にはキスを

そしていつだって I say Yes,Yes,Yes

I'll be there"(Ref. 『I'll be』Mr.children)